FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

いしが城谷クリニック通信~診察室2から~

2012年4月、大阪府茨木市に新しく開院した「いしが城谷クリニック」。 気管支喘息を専門とするドクターTOMOの日常診療やクリニックの歩みをご紹介します。 気軽にお立ち寄りください。 クリニックHPは、http://www.ishiga-iin.com/ です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

アレルギー学会春季総会 

are.jpg

久しぶりのアップで申し訳ありません。
先日、横浜で行われたアレルギー学会春季総会に参加してきました。

いつもは、喘息のセッションをメインに参加するのですが、今回は、来年度にも保険診療が可能となる見込みの花粉症治療についていろいろ勉強してきました。

既にご存じの方もおられると思いますが、その治療とは「舌下免疫療法」です。

スギに対してアレルギーがあり花粉症症状が出現したことのある方を対象に、スギの成分を含んだエキスを低濃度から毎日、舌下投与することによりスギに対してのアレルギーを弱めていくという治療法です。

以前から、皮下注射による免疫療法は行われてきましたが、アナフィラキシーを起こすことがまれにあるために、どうしても一般診療所の外来では施行が困難でした。
しかし、舌下投与ではアナフィラキシーはゼロではありませんが皮下に比べてかなり頻度は低く、比較的安全に家庭でも施行できる治療と考えられています。

抗アレルギー薬による対症療法とは違い、免疫療法は完全耐性を得られる可能性のある根本治療となるかもしれません。

当院でも、保険治療が認められるようになれば早速に導入したいと考えております。
もし興味のある方がおられましたら、お気軽にご相談をしていただければと思います。
スポンサーサイト

category: アレルギー

cm 2   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。