01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

いしが城谷クリニック通信~診察室2から~

2012年4月、大阪府茨木市に新しく開院した「いしが城谷クリニック」。 気管支喘息を専門とするドクターTOMOの日常診療やクリニックの歩みをご紹介します。 気軽にお立ち寄りください。 クリニックHPは、http://www.ishiga-iin.com/ です。

高額新薬の登場 

医療における技術革新が医療財政を圧迫させる恐れがあり、何らかの方策が必要と考えられていましたが、それを加速させるような問題が起こっています。
癌治療に従来の薬剤とは一線を画した治療効果をもたらす免疫療法薬が2014年に保険収載されました。日本の小野薬品が開発した薬剤で、オプジーボという薬剤です。当初の保険適応は、皮膚癌の一種である悪性黒色腫のみでした。悪性黒色腫は比較的稀な疾患で、この癌に用いられることを念頭に薬価が制定されたのです。悪性黒色腫に用いた場合、1日薬価が4万1907円、治療患者数がピークでも年間470人程度であり年総額で31億円の医療費が生じると試算されての結果です。
しかし2015年に肺癌に適応拡大されてから、状況が大きく変わった。肺癌に使用する場合の必要投与量は黒色腫に投与する場合より多く必要であり、1日の薬価が9万5046円かかる。ピーク患者数も1年で5万人と考えられ、1年総額で1兆7500億円もの医療費がかかるとの試算がなされました。肺癌であれば組織型、病期、年齢を問わずに投与できることもあり、この試算が現実味を帯びてきたのは事実です。
肺癌診療を専門とする現場の医師からも、この薬剤の使用に関して、現薬価のまま無制限に保険を用いての投与を続けることが医療保険の崩壊を招くとの意見が出され、何らかの改革が必要と警鐘を鳴らしました。

日本の医療は近年、根拠に基づいた医療(evidence based medicine=EBM)の実践が最良の医療であると考えられてきました。(つまり、EBMの実践が唯一無二の目的であり、医療費に言及することは非倫理的であると考えられてきました。しかし、このような現状を踏まえ、今後の医療のあり方を考え直さないといけないのかもしれません。
最良の医療はEBMの実践ではなく、医療技術評価(HTA=health technology assessment)に基づいた医療の提供ではないかとの意見も数多くあります。日本は、医療の提供の意義、価値について考え直すべき分岐点に立っているのではないかと考えます。
スポンサーサイト

category: 医療の未来

cm 0   tb 0   page top

医療経営を取り巻く環境変化にどう対応していくか 

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

本年度は、このブログの場を借りて立命館大学院 MBAで研究してきた医療経済の環境変化や今後について書いていきたいと思っております。
まず今回は、膨張する医療費について書きたいと思います。

近年、日本の医療費は毎年1兆円を超えるペースで増加しており、なかでも、医療費の約6割を占める高齢者医療費の増加が著しく、現在の仕組みのままでは現役世代が高齢者医療を支えるという構造の限界が見えはじめています。
2016年には団塊の世代が65歳以上に移行するなど超高齢社会を迎え、高齢者医療費の割合が医療費全体の64%にまで拡大しました。
この高齢者医療費を支える仕組みは、現状では、高齢者自身の保険料と税金、そして現役世代からの支援です。現役世代は保険料の45%を高齢者医療へ拠出しており、高齢者医療費の増加とともに負担を増し、現役世代の保険料の引き上げという形で賄わざるを得ないのです。
増大する高齢者の医療費を現役世代で支えるには限界に達しており、このままではあたりまえと思っていた「国民皆保険制度」の崩壊にもつながりかねないのです。現役世代の過重な負担を軽減する高齢者医療制度の改革が必要不可欠と考えます。

まずはこのような現状をしっかりと把握したうえで議論を進めていきたいと思います。

category: 医療の未来

cm 0   tb 0   page top

Scientific Exchange Meeting 2017に参加してきました 



今年で4回目のScientific Exchange Meetingに参加してきました。

喘息を専門とする開業医の勉強する場として、薬剤のプロモーションなしでアストラゼネカ社が年1回開催している会です。
私もその趣旨に賛同し1回目から協力させていただいております。
今回は「喘息の治療管理のポイント」というテーマで京都大学の松本久子先生にご講演をいただきました。
喘息の概念は時代とともに変遷しておりますが、現在では喘息は種々のフェノタイプに分類され、それぞれのタイプによって治療の反応性が異なることが明らかにされています。そして、そのタイプに応じた治療を予め特異的なバイオマーカーを検出して行うことが勧められています。
近年、重症喘息の治療にも生物学的製剤(分子標的治療薬)が用いられるようになりました。劇的な治療効果を得ることが出来る反面、大変高額な薬剤です。また、これらの薬剤はすべての重症喘息に効果があるわけではありません。
そのため、効果があるタイプをあらかじめ同定し、その患者さんにのみ投与することが望まれます。
このように、治療効果が期待できるタイプを見極めるためのマーカーの研究に松本先生は携わっておられます。

私は大学院の研究の中で、医療にも費用対効果の考えを導入していくのが医療経済的には望ましいと考えています。そのためにも高額な薬剤の投与にあたり、効果が期待できるタイプの見極めは大変重要な事項であると考えます。

今後も、医療の質の向上と医療制度の維持という2つの観点から医療を行っていきたいと再確認しました。

category: 喘息

cm 0   tb 0   page top

Web予約が開始になりました 

QR.png

ホームページ上のこのアイコンをクリックもしくは、QRコードを読み取って予約サイトに入って予約が可能です。

当日の順番予約になります。
初診の方は申し訳ありませんが予約ができません。直接来院をお願いいたします。
火曜日はWeb予約ができませんのでご注意してください。

待ち時間が少しでも短縮するよう、システムや運用を随時更新していきますのでよろしくお願いいたします。

category: 院内紹介

cm 0   tb 0   page top

立命館大学経営管理研究科大学院(MBA)を修了しました 

2年前に立命館大学経営管理研究科に入学をし、診療の合間に授業と課題をこなしていました。忙しい日々を送っていたためにブログが更新できませんでした。
また、大学院の授業のため診療時間を短縮したりご迷惑をおかけ申し訳ありませんでした。

大学院では経営や財務、組織運営、など医療以外の分野を含んだ全般的なことを学んでいました。
昨今の、少子高齢化や医療技術革新に伴い、医療保険制度を含む医療経済を取り巻く環境は厳しい状況になりつつあります。
現在の日本の医療を支えた医療保険制度がこのままでは存続できないこともあり得ると考えます。
医療の目的は人々の健康の増進であることはゆるぎないものでです。しかし、医療保険制度などの医療経済が健全であること、そして医療施設の経営が健全であること、この二つが達成できずして良質な医療を安定して全ての人々に提供することはできません。
医療者として、今後これらのことを踏まえ、どう運営していくか。これを学びたく思い大学院に進学しました。

幸いに立命館大学が茨木にもキャンパスができたことも追い風でした。
土曜日曜日は梅田キャンパス、平日午後は茨木キャンパスとスケジュールをやりくりしながら、何とか修了することが出来ました。
しかも、なんと首席で修了することが出来ました。
3月20日に茨木キャンパスで行われた学位授与式では、総代で挨拶もさせていただき、修了の喜びとこれからの決意を述べさせていただきました。

今後のクリニック運営に対しても社会貢献という私たち医療者のゆるぎないミッションを達成すべく新たに活動していきたいと考えています。
まずは、本年度の目標は「患者満足度の向上」を掲げております。具体的には6月を目途に、当クリニックに最も適した予約システムを導入したく現在準備しております。待ち時間の短縮に繋がると考えております。
また将来的には、2015年の厚生労働省の通達により実質的に解禁となった、テレビ電話等による遠隔診療も導入したく考えております。この診療は従来の診療スタイルを大きく変える可能性のあるものであるとも考えます。
このように、今後も快適な診療環境を整えるべくいろいろ試みていきたいと考えています。



3_20170321095622475.jpg
4_20170321095624c48.jpg
2_20170321095621ddf.jpg
1_20170321100550615.jpg

category: ご挨拶

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ